昔のダイヤジュエリーを最新モデルのようにチェンジする。

宝石館jp

母から娘へ

センスに合うデザイン

時代とともに流行のデザインは変化していきます。例えば、昔は華美なリングが流行っていましたが、今はシンプルで落ち着いたデザインの方を好む人が多いです。ユーザーの年齢や好み、ファッションセンスによってももちろん選ばれるジュエリーは変わりますが、誰でもはその時代、そのときの趣味嗜好にマッチしたジュエリーを身につけるのが基本となります。

リフォームで再利用

ダイヤのように価値あるジュエリーでも、デザインが趣味や時代にマッチしなければ、使いたいとは思わないでしょう。母から娘、祖母から孫というように、世代を超えてジュエリーを受け継ぐときにこうした問題が起こりやすくなります。せっかく譲り受けても使えないのです。そこで、リフォームで自分好みのデザインに変えてしまうことで、活用することができるのです。

売ることもできる

リフォームの方法は依頼主によってさまざまです。1つ以上のジュエリーを組み合わせて1つの新しいジュエリーにするなど、アイデアによってさまざまな形に変えることができます。さらに、リフォーム後に不要になったジュエリーをそのまま買い取ってもらうことができる業者もあります。宝石を取り外した後のリング枠などを買い取ってもらえるため、リフォーム代の足しにすることができるはずです。

どんなリフォームがおススメになるのか聞いちゃいました!

立爪ダイヤのリングを日常使いにしたいのですが

シンプルなネックレスにするのはいかがでしょうか。ダイヤをペンダントトップにすれば、胸元にキラリと光って、魅力的に映るといえます。リング枠は買い取りも可能ですので、25000円程度でリフォームできますよ。

不要なジュエリーを全部再利用してほしいです

もちろん複数のジュエリーを組み合わせることもできます。パーティーなど華やかなシーンにピッタリなゴージャスなネックレスやブレスレットにリフォームしてみてはいかがでしょうか。

ビジネスライクなデザインもできますか

派手すぎず、また動いても邪魔にならないようなデザインにリフォームすれば、ビジネスパーソンにもピッタリなジュエリーが完成します。ペンダントトップをピンブローチにすれば、さりげない上品なオシャレを演出できておすすめです。

失くしたピアスの片方で作ってほしいです

ピアスを片方失くしてしまう人は本当に大勢います。お気に入りのピアスだとショックも大きいですよね。もちろん、片方のピアスをペンダントトップやチャームにリフォームして、長く使うこともできます。

パールネックレスを数珠にできますか

もちろん、対応しています。パールと水晶を組み合わせて、房までお付けして数珠に仕立てあげることが可能です。房の色も選べます。また、余ったパールでピアスやイヤリングを作ることも可能です。

時代を越えて使い続ける

ダイヤモンド

母から娘へ

大切なジュエリーは家族で代々受け継いでいきたいものです。しかし、デザインが古くなったり、持ち主のセンスに合わないようであれば、残念ながら使われる機会がなくなってしまいます。そうしたことを避けて、ずっと使い続けるためにも自分好みのデザインに作り直していきましょう。

READ MORE
広告募集中